■  音響診断はなぜ必要なの?(その2) ■

   《 次の事例で悩んだことは、ありませんか? 》

  ◇音楽を再生しているとき、迫力を出すため音量を上げようと思うが、やかましくなるので上げられない。

  ◇低音の歯切れが悪く、ボーン、ボーンという感じになる。

  ◇ピアノ、金管楽器などの高域の艶、輝きがない。

  ◇自分の声を部屋の中で発すると、独特な響きを伴う。

  ◇再生される楽器の音が分離されず、全部団子になって聞こえる。



   〓〓 残響特性の一例をご紹介しましょう 〓〓


@ 高域の残響時間が長い場合
  部屋の中に家具が少なく、反響が多い場合。
  音量を上げると、やたらとうるさく感じます。




A 低域の残響時間が長い場合
  マンションなどコンクリートで囲まれた部屋に
  多いパターンです。低域の歯切れが悪く、
  こもった音に聞こえます。




B 高域の残響時間が短い場合
  部屋の中に絨毯を敷き詰めて、窓には厚手の
  カーテンが掛かっているような場合です。ピアノ
  トランペットなどの楽器の輝きが無く、つまらない
  音に聞こえます。


             部屋の残響時間は、音場再現の重要なファクターです。

            残響時間を測定し、音響調整板などで適切な値に対策することで

            CDに記録されている、すばらしい音場が再現されます。






    トップページへ